英語のリスニングに苦手意識があるなら、発音を直す方が効果的です。自分の口で発音できた音は、耳で聞いても聞こえます。

willとbe going to :ネイティブの使い分けとは

こんにちは!

英語ボイストレーナーの

根本紫都香(ねもとしずか)です(^^)

 

昨日は渋谷、今日は横浜で、

国際交流イベントやパーティーに参加してきました☆

渋谷では、

ドイツから一人旅中のメリナさんとお話し、

 

横浜では、

多国籍のパーティー参加者とひたすら英語でトーク!

 

そして今日はアメリカの方から、

ネイティブしか正しく使えないという、

とっておきの英語表現を教えてもらいましたので、

シェアしますね(^^)

 

「未来形」のニュアンスの違いです☆

 

I will は、「するつもりだけれど、しないかも」

I am going toは、「予定だけれど、詳細はまだ不明」

とのニュアンスが含まれるのだそう。

 

英語ネイティブしか使いこなせない違いだそうで、

英語が母国語でない方は、

アジア圏はもとより、

ヨーロッパ圏も間違えるそうです。

 

そんな会話の中でも、

私の英語は文法的にも正しい!

と褒めて頂けました(^^)

 

日本国内で独学で英語を身に付けたと言ったら、

よりビックリされました!

 

私が、独学で国内バイリンガルになった技術を、

最短ルートにギュッと詰め込んだのが、

『SHIZUKA式英会話ボイスレッスン』

 

そのエッセンスを、

無料の動画でお届けしています。

7つの動画レッスンは、

こちらから(^^)

あなたのリスニング力がアップする
発音トレーニング法をプレゼント!
「リスニングは発音が9割」
受講生のリスニングが劇的に変化した秘密を掲載したe-book「リスニングは発音が9割」を今だけ期間限定で無料でダウンロードしていただけます。
(PDF形式・全30ページ)
無料でE-bookをダウンロードする

あなたのリスニング力がアップする
発音トレーニング法をプレゼント!
「リスニングは発音が9割」
受講生のリスニングが
劇的に変化した秘密を掲載したe-book
「リスニングは発音が9割」を
今だけ期間限定で無料でダウンロード
していただけます。
(PDF形式・全30ページ)
無料でE-bookをダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA