英語のリスニングに苦手意識があるなら、発音を直す方が効果的です。自分の口で発音できた音は、耳で聞いても聞こえます。

洋楽で英会話レッスン Chicago / Hard To Say I’m Sorry

こんにちは(^^)!

英語ボイストレーナーの

根本紫都香(ねもとしずか)です。

 

9月に入りましたね~。

FMひたちで月曜16:20~にお届けしている

『SHIZUKA式英会話ボイスレッスン』

今月の課題曲は、今日から新曲です!

夏はポップな曲をお届けしていましたが、

秋の始まりという事もあり、

バラードを選んでみました♪

Chicago / Hard To Say I’m Sorry

洋楽で英語を学ぶ利点は、
リピートの歌詞に重要構文が入っていると、
それが繰り返し頭に入るという所!
この曲はまさにそうなんです(^^)

 

Everybody needs a little time away

誰にでも少し離れる時間は必要よ

away = 離れる

 

I heard her say, from each other

彼女はそう言った、お互いからね。

each other = お互いに

from each other で、

お互いから

 

Even lovers need a holiday

恋人同士でさえ休日は必要

even = ~でさえ

 

Far away from each other

お互いに遠く離れて

far away = 遠く離れて

 

Hold me now

僕を抱きしめて、今すぐ

 

It’s hard for me to say I’m sorry

ごめん、という一言が言い出せない

It’s …(for 人) to~

人にとって、toすることは、…だ。

というお決まりの構文です。

この歌詞に当てはめると、

「僕にとって、I’m sorry(ごめんなさい)と言うことは、難しい」

となりますね。

 

I just want you to stay

ただ君にいて欲しい

want 人 to~

人に、to~してほしい

という、よく使う構文です。

justは、

ただいてほしいだけ

という意味が入ります。

 

After all that we’ve been through

僕たちはいろいろとあったけど

 

I will make it up to you

埋め合わせをするつもりだよ

make it up 

=埋め合わせをする

仲直りをする、という意味もあります。

”How can I make it up to you?”

「どうやって埋め合わせたらいい?」

=「ごめんなさい」

のようにも使えます。

 

I promise to

約束する

 

And after all that’s been said and done

結局なんだかんだ言っても

said and done

= なんだかんだ言っても

これは決まり文句の表現ですね。

 

You’re just the part of me

君は、僕の一部なんだ

 

I can’t let go

君を手放したくない

 let go

手放し

let は「させる」なので、

let goで、「行かせる」

Let It Goという

アナと雪の女王の歌詞で言うと、

「それ(エルサのパワー)を行かせる」

という意味になりますね。

 

Couldn’t stand to kept away

離れているなんて耐えられない
couldn’ t stand
(can’t)
=堪えられない
Not for a day, from your body
1日たりとも、君の身体から
Wouldn’t want to be swept away
離れ去ってしまいたくない
Far away from the one that I love
僕が愛した人から遠く

Hold me now

僕を抱きしめて、今すぐ

 

It’s hard for me to say I’m sorry

ごめん、という一言が言い出せない

It’s hard for me to say I’m sorry

僕には、ごめんと言うのが難しい

It’s …(for 人) to~

人にとって、toすることは、…だ

 

I just want you to know

ただ君に知ってほしい

I just want you to know

君に分かってほしい

want (人) to~

人に、to~してほしい

 

Hold me now

僕を抱きしめて、今すぐ

 

I really want to tell you  I’m sorry

本当に、ごめんと言いたいんだ

 

I could never let you go

君を絶対に手放したくない
この歌では、
以下の二つの構文が特に大事です。
ぜひ、歌いながらマスターしてくださいね(^^)

It’s …(for 人) to~

人にとって、toすることは、…だ

 

want (人) to~

人に、to~してほしい

=====================

SHIZUKA式英会話ボイスレッスンとは?

 

英会話のための、

効果10倍の洋楽の聴き方・使い方をお伝えする、

完全オリジナルメソッドです(^^)

 

発音とリスニングが一気にアップするポイントをお伝えする

無料動画レッスンを7本プレゼント中です♪

こちらで配信しています(^^)

 

=====================

 

 

 

 

 

 

あなたのリスニング力がアップする
発音トレーニング法をプレゼント!
「リスニングは発音が9割」
受講生のリスニングが劇的に変化した秘密を掲載したe-book「リスニングは発音が9割」を今だけ期間限定で無料でダウンロードしていただけます。
(PDF形式・全30ページ)
無料でE-bookをダウンロードする

あなたのリスニング力がアップする
発音トレーニング法をプレゼント!
「リスニングは発音が9割」
受講生のリスニングが
劇的に変化した秘密を掲載したe-book
「リスニングは発音が9割」を
今だけ期間限定で無料でダウンロード
していただけます。
(PDF形式・全30ページ)
無料でE-bookをダウンロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA